イギリスの街〜リーズ(Leeds)〜

先日、現在国際基督教大学(ICU; International Christian University)の3年生、秋篠宮家の次女佳子(かこ)さまが9月から1年間、イギリスのリーズ大学に短期留学されるという事が宮内庁より発表されました。 今回は、リーズ大学と街・リーズについてのお話です。

リーズは、ロンドンから鉄道で約2時間15分、イギリスの北部に位置する都市で、ウェスト・ヨークシャ州にあります。イギリスで3番目に大きな都市ですが、街の中心から車で30分も走れば、牧草地に羊が群れて草を食べているヨークシャの田舎の風景が広がっています。

さて、University of Leeds(リーズ大学)の歴史は19世紀初頭に始まりました。1831年、リーズ初の医療教育機関としてThe Leeds School Of Medicine(リーズ医科大学)が設立。これにより、それまで医学を学ぶ為にスコットランドやロンドンに行っていた学生が、リーズの地で学べる様になりました。 1874年、科学分野に特化したカレッジとして The Yorkshire College Of Science(ヨークシャ科学大学)が設立。その後、歴史や文化などその教育分野を広げていった、ヨークシャ科学大学は The Yorkshire College(ヨークシャ大学) へと発展し、1904年、二つの大学が合併し、リーズ大学が誕生しました。もともとは、地域の科学教育目的で設立された事もあり、学科には生物化学・自然科学・工学・数学・物理化学・医学などの理科系の学科が多いのが特徴です。 学生総数は、33,000人を上回り、イギリスでもトップクラスの規模です。

 リーズ大学 図書館

佳子さまが、伝統あるイギリスの名門大学で色々な事を吸収され、有意義な時間を過ごされる事を願います。  もしかしたら、イギリスで”Princess Kako” ブームが起こったりするかもしれませんね。

 

Roundabout(ラウンドアバウト〜環状交差点)

私がイギリスに移住して来た1990年代後半、日本の免許証を在英大使館で翻訳して貰った物のみを、DVLA(運転免許庁)に送付すれば、何の試験も受ける事なく運転免許証が発行されていました。 幸いにもイギリスで販売されている車は、日本国内と一緒で運転席は右側、そして道路は左側通行なので、特に違和感はありませんでした。 しかし、一つ私を混乱状態に落ち入れたのが『ラウンドアバウト〜環状交差点』です。    日本国内でも3年程前から本格的な運用が開始されたと聞いています。

『ラウンドアバウト』という信号機のないドーナツ型の交差点は、1960年代にイギリスで生まれて各国に広まり、ヨーロッパやアメリカでは一般的となりました。 ルールは、ラウンドアバウトに進入する前に必ず一旦停止し、右側から来る車が優先。時計回りに進んで行きます。ラウンドアバウトから出ようとする地点の直前の出口の側方を通過した時に、左側の方向指示器を出し、交差点を出るまで合図を継続するのがルール/マナーです。 私が思うラウンドアバウトがある事の利点は、道を少々間違えても方向修正が短時間で出来る点だと思います。

 

ところで先日、ホンダのイギリス工場のある”スウェンドン”という街に行った時『マジック・ラウンドアバウト』と呼ばれる非常に複雑なラウンドアバウトが有りました。

どう運転して良いのか分からず聞いてみた所、内側は反時計回りで外側は時計回りに走るとの事。 中央に大きな円が1つあり、その周囲に小さな円が5つ並んでいます。 そして、これらの6つの円を覆うような形で大きな円があると言う仕組みです。 色分けされたルートを通り、目的方向へと抜けて行きます。  ルールとして、まず一番外側の大きな円に進入し、時計回りに運転します。目的方向へ抜けるレーンが来たら、そこからラウンドアバウトを抜けて行きます。

皆さんも、スウェンドンにお越しになる事が有りましたら、この『マジックラウンドアバウト』一度経験されるのは如何でしょうか??😅

 

No Way Norway 🇳🇴

先日のカムデン・タウン編に登場した息子の従兄弟・ファリアン(Farian)君は、ノルウェーの首都・オスロー近くの街に暮らしています。 その彼から、ノルウェー人の生活について、非常に興味深い話しを聞いたのでご紹介させて頂きたいと思います。

まず、ノルウェーという国について、、、

村上春樹さんの長編小説『ノルウェーの森』が映画化された事がありました。 ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンジナビア半島西岸に位置する国です。首都は半島南端部の湾岸都市・オスローです。

ノルウェーの課税率は24パーセント‼︎ (ちなみにイギリスは20%)。 非常に課税されているという事は事実で、全てにおいて値段が高い事は当然の事実です。 なので、平均的な収入よりも少ないと貧しいとみなされます。そして、ノルウェーでは、一人当りが消費するお金の金額の割合が現在、世界で一番高いと言われているそうです。

ノルウェーはかつて多くの観光客が訪れていました。しかし、物価の高騰でその数は年々減っているそうです。            例えば、世界的にチェーン店を展開しているアメリカのサンドイッチチェーン『サブウェイ』。 以前オスローに行った時に、ランチで立ち寄り、レギュラーサイズのサンドイッチ3つとコールドドリンクを2つ注文しました。日本国内で高く見積もっても¥2500以内で収まると思います。 しかし、この日、260NOK(ノリジョンクローン)日本円で約3800円支払いました。😱 しかし、この値段はノルウェー国民にとっては普通なのです。

今や、ノルウェー国民はイギリスやスペインなどのヨーロッパ諸国に買い物に来る事が普通になっているそうです。      なぜなら商品の税率は、はるかに低く少々値段が高くても、ノルウェーはヨーロッパ連合加入国で無い為、税金分の払い戻しを受ける事が出来ます。

ノルウェーのこの非常に高い税金に多くの利点があります。 ノルウェーの福祉は、世界最高の一つとしてランクされています。例えば、もし家を買うお金が無ければ、政府が買う事が出来る様になるまで住む家を提供してくれます。

ノルウェー社会では、一般的に貧しい人を見つけ出す事は非常に困難だと言う事です。

 

 

 

ロンドンの原宿(?)〜カムデン・タウン(Camden Town)〜

先日の、イースターのホリデー期間中に14歳の息子とその従兄弟の付き添いで『カムデン・タウン』に初めて行って来ました。 イギリスに早20年近く住んでおりますが、私のタイプじゃない‼︎ と思い込み今まで足を運ぶことはありませんでした。

到着してまず驚いたのは、メインストリート『カムデン・ハイストリート」。若者のパンクなファッションを扱う店・ピアス屋など、、本当に”若者の街😆” と言った感じです。 それらの店の上に掲げられた、迫力満点のユニークなオブジェの数々‼︎。今にも落ちてきそうな、巨大ブーツ、スニーカー、椅子、飛行機などが建物から飛び出してきそうでした。

カムデン・タウンは、ロンドン中心部からさほど遠くない北西に位置します。  リージェンツ・パークの北に位置し、リージェンツ運河のそばに立ち並らんでいた倉庫を改築し、工芸家や様々な芸術家たちの仕事場となりました。 1970年代頃からロックバンドが演奏するライブハウスや、ステージが増え始めたのが、街を若返らせるきっかけとなりました。 ローリングストーンズやレッドチェッペリン等の伝説のロックバンドがステージを飾ったライブハウス『ラウンドハウス(Roundhouse)』は世界的に有名です。

何と言っても有名なのが『カムデン・ロック・マーケット』。 洋服、エスニック雑貨、アンティークや手作りクラフトの他、懐かしいレコード、屋台も沢山入っていて本当に賑やかです。 もちろん、お土産にちょうどいいロンドンらしいグッズもたくさん売られています。🇬🇧

そして、丁度ランチタイムに行ったので、美味しそうな誘惑が沢山でした‼︎ インド料理🇮🇳、中華、メキシカン、ハンバーガー🍔、地中海料理、和食、デザート系と何でもあり、どれもボリューム満点で、巷にあるファーストフードチェーン店よりもかなり安くて美味しいです。その上、試食させてくれるところも多いのでの後悔する心配は有りませんでした。🍽

ティーンネイジャー達に連れられて行ったショップで度肝を抜かれたのが、『サイバードック』というお店でした。入り口を入って瞬間から「一体此処は何処だああ〜〜〜〜😱 うるさすぎる‼︎」と言うのが第一印象でした。 でも、若い彼らのテンションは高くかなり楽しんだ様です😊。

最後に、、、、

活気溢れるマーケット、迫力あるお店のオブジェ、情熱的な運河。 カムデン・タウンは実にユニークで魅力的な街だと感じました。

地下鉄のカムデン・タウン駅(Camden Town Station)で降りて、少し離れたチョーク・ファーム駅(Chalk Farm Station)まで歩くのはオススメです。

ロンドンの”リトルインドディア”〜サウスホール

日本は、一般的に単民族の国です。  それとは対照的に、イギリスに住んでいる移民の多さに、最初驚きました。 白人・黒人だけで無く、オリエンタル系やインド系、ミドルイースト系など多種多様です。

今回は、イギリスの玄関口、ヒースロー空港から10〜15分程に位置するロンドンのインド人街『サウスホール(Southall)』についてのお話です。

サウスホールは、ロンドン中心から国鉄に乗って約20分程の所にあります。 サウスホール駅の改札を出ると、そこはまさにインド🇮🇳。

街を歩いてまず気づく事は、お店などの表記が英語とヒンディー語で、バスを待つ人々は皆んなインド系の人々です。ターバンを頭に巻いた「シーク教徒」や綺麗なサリーに身を包んだ女性など、ロンドンである事を思わず忘れてしまいます。

しかし、本家インドと比べて、街並みも雰囲気もかなり綺麗で整然としています。

そこで、売られているスパイスや食材は、インド人の生活に欠かせない物が、チェーン店のスーパーより安く売られています。

インド系の銀行や金融機関があり本国にいる家族に送金をする事が出来ます。 そして、もちろんヒンズーの寺院もあり、本当に街並み一体が正に「インド」です。

 

春は何処へ?

みなさ〜ん。こんにちは😃。

突然ですが、この寒さ何とかしてください!

今週始まってからのロンドンの気温は、最高5度。               今朝は2度‼︎  4月末に、まさか車のウインドスクリーンの氷溶かしをするなんて‼︎ ヒョウが降ってくるなんて‼︎

先週は、少し暖かく週末に衣替えをし、冬の間お世話になった セーター達に感謝の敬意を込めて防虫ケースいれたのに、、、😕

春よ来い‼︎  早く来い‼︎

いっそうこの際、ドバイなど温かい所にサクッと行きたい所ですが、イギリスがヨーロッパ連合からの脱退を発表してから、為替レートでのイギリスポンドの大変弱くなりました

こんなに寒いと、出かけるのが億劫になり家にいたくなります☹️

エリザベス女王とコーギー犬🐕

コーギー犬って?

一般的に『コーギー』の愛称で親しまれる、この犬種の正式名称は『ウェルシュ・コーギー・ペンブローク』です。 元々は、ウェルズ地方の品種で、主に牧場に放牧されている家畜を誘導したり、見張る役目の牧羊犬として活動していました。 牧羊犬を務めるだけあって、コーギーの動きは俊敏で、小型犬にもかかわらず吠え声は大きい方だとされています。 毛深いので、寒さに強く、山道や沼道を歩くのが大好き。❤️ 先端の尖った立ち耳とはっきりした顔立ちは、あらゆるものに興味を示している様に見えるます。

一方、元気すぎる分ペットとして扱いにくいとされる見方もあります。

亡きダイアナ元妃の執事だったポール・バレル氏は、サンドリガム館の階段で9匹のコーギーに追っ掛けられ転倒し気絶した事があり、「王室関係者の皆が、コーギーを嫌っていた」と述べています。 エリザベス女王が飼育したコーギー達は、これまでに王室職員、郵便配達人、警察官 更には、女王の母親である”クイーン・マザー”の運転手などに噛み付いた『前科』が有ったり、十数匹のコーギーの喧嘩の制裁に入った、エリザベス女王の手にさえも噛んでしまったことがあるそうです。

 

宮殿暮らしのコーギーはVIP待遇!!

王室の「お抱え犬」となれば、その待遇は半端なものではありません。 エリザベス女王のコーギー達は、王室メンバーの一員としてVIP待遇を受けています。  ロンドンのバッキンガム宮殿内には、『コーギー・ルーム』と呼ばれる部屋があり、多い時で6名のスタッフがお世話しているそうです。🐶 王室関係者や招待客が緊張感を持って宮殿内を移動している中で、コーギーは高級じゅうたんや貴重な家具の周りを歩き回っても、お咎めなし‼︎  休息時には、風に当たらない様にとの理由で地面より数センチ高い所に置かれた、籐製のかごに入れられるそうです。

さて、食事の時間には、一切缶詰料理は提供されず、全てが手作り‼︎。  元王室専属シェフによると、茹でた肩肉にキャベツ・白米・時にはウィリアム王子やヘンリー王子が仕留めた野うさぎを調理したものなど、、、犬にしては栄養・カロリーが多い様に思える豪華なメニューが振る舞われるそうです。 これらの日替わりメニューは毎日、バッキンガム宮殿の厨房に貼り出されているとの事😮。 またクリスマスには、女王がコーギー達に直々、ケーキやクラッカーが詰まった靴下をプレゼントするそうです。

女王と共に英国の歴史を刻んできたコーギー犬。 女王と共にバッキンガム宮殿で暮らして来たその犬達は、いつしか英国文化を象徴するものとなり、史上最長の在位期間を誇る女王の治世は、コーギー犬無しでは語れないと言っても過言ではないでしょう。

 

エリザベス女王 🇬🇧 👸 〜エリザベス2世〜

1)ハッピーバースデー🎊エリザベス2世

エリザベス女王は、皆さんご存知、英国君主です。 先週の金曜日 4月21日に91歳の誕生日を迎えられました。 昨年の90歳の誕生日にはロンドン郊外・ウィンザー城で元気なお姿を見せられましたが、今年は家族と静かに過ごされ様です。 ( 昨年、年末年始にかけて風邪をひかれ、クリスマス礼拝を欠席された時、我がおばあちゃんの事の様に心配しました。😅)

現在、英国君主として史上最高年齢の女王は、在位期間62年という点においても英国史上最長です。                            1926年生まれの女王は、父・ジョージ6世の死去を受けて、1952年2月・25歳で即位し、イギリス連邦に加盟する7ヶ国・独立国家〜

  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)
  • カナダ🇨🇦
  • オーストラリア🇦🇺
  • ニュージーランド🇳🇿
  • 南アフリカ連邦
  • パキスタン
  • セイロン

の女王となりました。 1956年〜1992年の間に国家および領土数は、独立したり共和制に移行した為少しづつ変わっていきました。

2016年現在の資料によると、エリザベス2世は上記の4カ国(イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド)に加え16カ国の君主を兼ねています。

  • ジャマイカ🇯🇲
  • バルバドス🇧🇧
  • バハマ🇧🇸
  • グレナダ🇬🇩
  • パプアニューギニア🇵🇬
  • ソロモン諸島
  • ツバル🇹🇻
  • セントルシア🇱🇨
  • セントビンセント及びグレナディーン諸島
  • ベリーズ
  • アンティグア・バーブーダ島
  • セントクリストファー・ネイビス

 

2)エリザベス女王とコーギー犬🐕

エリザベス女王の愛犬として広く知られているコーギー犬。以前は、英国の王室には馴染みが無く、女王とコーギー犬の関係についてあまり知らなかったという方でも、2012年にロンドンで開催されたオリンピックの開会式の映像で、女王の足元を歩いていたキュートな犬の姿が記憶にある方は多いのではないでしょうか? イギリス俳優ダニエル・クレイグ演じる秘密情報部(M16)工作員、007のジェームス・ボンドを伴いながら、オリンピック・スタジアムに女王がパラシュートで着陸するという設定になっていたシーンです。 あのシーンの中で、バッキンガム宮殿からヘリコプターに乗って飛び立つ女王とボンドを見送っていた犬達がコーギーでした。

女王自身、このコーギー達を『家族』と呼び、幼い頃から現在に至るまで、史上最長となる現、在位期間をコーギー犬と共に歩んできたと言っても過言でな無いかと思います。 即位してから飼ったコーギーの数は、実に30匹以上。一時は13匹ものコーギーを同時に飼育していた時期もあり、エリザベス女王の周りに群がる犬が一斉に移動していく様子を、亡きダイアナ元妃は「動く絨毯」と例えた程でした。

飼育だけで無く繁殖も積極的に行っており、コーギーとダックスフンドを交配させた「ドーギー」という品種を繁殖させています。

次回は、このコーギー犬と王室について続きをお送りしたいと思います‼︎

少し余談ですが、91歳のエリザベス女王。緑色のジャグアを所有していらしゃり、先日も教会までご自身で運転して行かれました🚙。

イギリス伝統料理〜スイーツ編〜😍

女子の最大の敵👉🏻脂肪・カロリー・体重計👈🏻😶。頭では分かっているんです。後で後悔する事😕。 でも、目の当たりにすると何故 “スイーツ達”はあんなにキラキラ輝き女子の心をときめかしてしまうんでしょうか? 今回は、そんな女子(もち男子も😅)の永遠の友・腐れ縁=『スイーツ』です。

 

1)スティッキー・トフィー・プティング

プティングの中の王様と言っても過言ではないと言えるのが、この『スティッキー・トフィー・プティング』。

以前のフード編の中で、グレービーソースをたっぷりかけると言う事をお話ししたかと思いますが、この焦げ茶色のスポンジの上に温かいカスタードクリームをいっぱいかけます。 カスタードの代わりにアイスクリームと一緒に楽しむ食べ方もあります。  華麗で洗練されているイメージを持つ日本やフランスのケーキとは反し、スポンジの色・独特のねっとり食感。 オーブンで焼かず蒸し器で蒸して調理ので、その独特の味とねっとり感(スティッキー)を引き出しているのかも知れませんね。

 

2)クリスマスプティング

クリスマスプティングは、ドライフルーツが沢山入ったイギリスの伝統的なクリスマスケーキです。

小麦粉、牛脂、卵、砂糖、ラム酒、ブランデー、ドライフルーツ、ナッツなどを、《願い事》をしながら混ぜて焼き上げクリスマスまで寝かせます。 プティングの中に、コインや指輪、指ぬきなどを入れ、自分に取り分けられたものに何が入っているかで将来を占ったりします。 コインなら金運、指輪なら結婚運などに恵まれると考えられているそうです。      そういえば、以前某局で放送されていたドラマの中で登場したシーンがご記憶にある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

3)スポティドディック

懐かしのプティングの代名詞と言っても過言ない程、言い伝えによると18世紀に誕生したプティング。  家庭ではもちろん、学校給食にもよく出される人気メニューの一つです。          名前の由来は、中のドライフルーツが斑点の様に見えることからだそうです。 やはりこの《スポティドディック》甘く、どっしり感があります。 冬場にオススメのデザートです。

いざ旅に出よう‼︎

皆さん。旅行に行こうと決める時、どの様にして決めますか?

  • 何処に行こう?
  • 誰と行こう?
  • パッケージツアー? それとも気軽な個人旅行?
  • 綺麗な景色や遺跡を巡る系? それともビーチなどでのんびり太陽☀️を楽しむ系? アクティブ系?
  • 限られた短期間で出来るだけ多くの都市を訪れたい? それとも、1-2都市じっくり訪れる?
  • 今、テレビ等で話題になっている都市・国?

私は、まず一緒に行きたいと思う友人・家族を見つけて、行き先候補を提案し、航空券とホテルの手配を私がすると言うパターンが多いです。

 

1) 旅行準備期間

近年は、バジェットエアライン等の参入により海外に気軽に行かれる方が多いかと思います。 少々割高でも直行便で行くか、それとも経由便か人それぞれ。   20代の頃はさほどそれ程気にはならなかったのですが、最近は経由便で避ける事が出来ない”乗り継ぎ”が億劫に感じる様になりました。 歳を取って来ている証拠なのでしょうか?😟 出発までの準備期間は、お買い物や色々思いを馳せのワクワクの楽しい時間ですよね😀。

2)いざ出発‼︎

出発する前の夜って「遅れたらどうしよう🙁」とか「あれ入れたっけ? 忘れ物ないかな?」「うちのポチ🐶、みーちゃん🐱 お留守大丈夫かな?」とよく眠れない事よくあるかと思います。

そして、いざ空港到着‼︎ チェックインを済ませスーツケースを預けた後の免税店でのお買い物は楽しみの一つ‼︎  特に、海外からの帰りの空港での免税店には、珍しい物や掘り出し物などに出会ったりして、「あ〜お金使い過ぎてしまった😱」っていう経験ないですか?

 

3)私、空の上✈️

皆さんは、長い飛行機の中での時間どの様に過ごしますか? 何をして過ごしますか? 映画を見たり・機内販売のカタログをパラパラ見たり、、、、。  私は、機内食が一番の楽しみです。🍽 最近では、各航空会社もセレブシェフ監修メニューなど色々工夫や知恵を凝らしていらっしゃり、以前に比べると味・質も向上した様に感じます。 また、外資系の航空会社では、その国でしか味わえないご馳走に巡りあう事があったりと、、、、空の旅の楽しみは尽きませんね😊。

 

👂🏻ところで、、、意外と知られていない飛行機の不思議❗️

「離陸・着陸の際にどうして客室乗務員は、全ての窓のブラインドが開いているか確認するのでしょうか?」

聞いた所によると、エンジンの火災や機外の異常などを乗務している客室乗務員より、座っているお客様の方が早く気付く事が出来るからだそうです。 空の安全はサービスをされる側も提供する側も協力して守ってこそ、『快適な空の旅』を楽しむ事が出来るのですね。