イースター(復活祭)

こんにちは。今度の日曜日4月16日はイースターです。お店のディスプレーやイースターエッグ、うさぎを見かけると、春の訪れももうすぐ!と感じます。

イースターの日は、毎年春分の後にある満月によって変わってきます。つまり、3月20日前後の春分の後にある満月を調べ、その後の初めての日曜日がイースターとなります

イギリスでは、今年は、14日の金曜日は「グッドフライデー」と呼ばれるイースター前と17日の月曜日はバンクホリデーという振替休日で、合計4日間のお休みとなります。

バンクホリデーについては改めて別のプログで後日ご案内させて頂きたいとおもいます。

さて、そもそも何のお祭りなのでしょうか? 国民の殆どがクリスチャンであるイギリス人にとって、とても重要なイベントである事は良く分かります。

イギリス人の友人に聞いたところによると、金曜日にイエスキリストが処刑された後、日曜日に復活した祝う「再生のお祭り」だそうです。

イースターには、子供達はシンボルのゆで卵にそれぞれに色付けをし、イースターバニーと一緒に飾りつけて、家族でラム肉や七面鳥などのご馳走を頂きます。離れて暮らして家族は、グリーティングカードを送りあいます。

親子で楽しめる「エッグハント」という、草むらに隠したイースターエッグ探しのたりするイベントが各地で開催されたりもします。家族や教会、地域の人々と楽しく集い合う機会のイベントだなぁと思います。

 

 

 

“イースター(復活祭)” への2件の返信

    1. Hello, Juliane.
      Thank you very much for your lovely comment. It was the first comment since i have started this blog.

      Once again, thank you so much

      Miki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です