The Tale of the magic saucepan〜魔法のお鍋の物語〜

昨年の9月に現在14歳の私の息子が絵本をいたしました。

タイトルは、The tale of the magic saucepan〜魔法のお鍋の物語〜。 現在は、英語のみですが、いつか日本でも発行出来たらと思っています。

アマゾンで購入出来ます。

https://www.amazon.co.jp/Tale-Magic-Saucepan-Martin-Katanchi-Shimotani/dp/152463512X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494178494&sr=8-1&keywords=The+tale+of+the+magic+saucepan

 ISBN:978-1-3246-3512-1

物語は、第2次世界大戦が終結した直後から始まります。この物語の主人公である当時12歳の「Joshua(ジョシュア)」が、病気がちの母親との生計を助け為、小さな露店で古い鍋を売っていました。 11月末のある寒い朝、一人の老人がどう見ても価値なんて古いお鍋を売りにやって来ます。ジョシュアは、再販価値なんて殆どないと思いましたが老人が可哀想に感じ買う事に同意します。 そして、老人は誰に言ってもいけない鍋についての秘密をジョシュアに告げます。

物語は、裕福でも貧乏でも平等・公平に教育を受ける権利があり、自分の努力次第で将来を豊かに出来る、、というメッセージを伝えています。

 息子/著者 カタンチ下谷 真輝

ホームページ www.martinkatanchi-shimotani.com

Eメール martin.shimotani@gmail.com

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です