急成長を遂げ続ける都市〜ドバイ🇰🇼〜 その1

私はドバイが大好きです。ロンドンから飛行機で6時間程で来れる為、良く週末を利用して来ます。週末を‼︎と言うと驚く方もいらっしゃると思いますが、木曜日の夜ヒースロー空港からの最終のドバイ行き便 22:30に乗れば翌朝の08:30に着くので、金曜日・土曜日丸々2日間ゆっくり過ごす事が出来ます。 例えば帰りの便を夕方の便にすれば更に日曜日も半日楽しめます。 私が最近良くお気に入りで宿泊先に選んでいるのは、ジャミラビーチから遠くない『ドバイマリーナ』というエリアにある40階建てのホテルです。

 ジャミラビーチ⛱

ドバイマリーナは、約2年程前に最初の開発が終了したドバイで今一番若いエリアです。ドバイ国際空港からタクシーで小一時間かかりますが、メトロの駅がホテルの玄関前にあり、ショッピングセンターもあり全く不自由を感じる事はありません。特に夜少しを気温が下がってからホテルのバルコニーで過ごす時間は最高です。😍

 ドバイマリーナ ホテルのプール

 夜の眺め

ドバイメトロ(ドバイの地下鉄)

ドバイメトロの路線網は充実していて、観光客でも簡単に利用出来ます。チケットはシングルチケットと1日券があります。料金はとても安く、例えば一日券ですと普通クラスで20ダラム(約610円)、ゴールドクラスで40ダラム(約1220円)です。

 

ところで乗車に際し少し気に留めて置くべき規則があります。車内での飲食・ガムは禁止です。見つかると最低でも100ダラム(約3100円)の罰金が取られます。 それともう一つ、、、女性と子供専用のエリアがあります。残念ながら列車のドア・プラットフォームに表示は有りません。車内の床に表示があります。 男性の皆さん‼︎ 気づかずにいるとこれも罰金に対象になりますから気を付けて下さいね(^.^)。

 これが表示です。

 

 

リーズ城〜世界で最も美しい城〜

以前、秋篠宮佳子様が今年の9月より「リーズ大学」に留学されるお話をお届け致しました。 実は、私がイギリスに来て間もない頃『リーズ城』はリーズ市にあると思い込み、ロンドンより時間をかけて行った事がありました。🙁

水掘の中にそびえ立つリーズ城は、ロンドン市内から鉄道で1時間のイギリス南部、ケント州に位置します。 900年以上の歴史を持ち「世界で最も美しい城」と呼ばれています。

ロンドン郊外とは思えないほど雄大な景色に巡り会うことが出来ます。 春から夏にかけては菜の花や真っ赤なポピーが一面に咲き乱れ、まるで色鮮やかなカーペットを敷き詰めたかの様な景色となります。

お城の魅力はもちろんのこと、イギリスらしい美しいカントリーサイドに位置していますので、敷地内に広大なガーデン・迷路・洞窟も楽しみの一つです。季節によっては黒白鳥を見ることも出来ます。

NHS〜国民保健サービス〜💉

NHSは、National Health Serviceの略で、1948年に設立された『イギリス国営医療サービス事業』です。 NHSにはイギリスの国家予算の約1/4が投じられています。  公費負担医療によるユニバースヘルスケアーで、利用者健康リスクや経済的支払い能力に関わらず、自己負担はかかり付けのお医者さんから処方される薬代を除いて全て無料です。(ちなみに18歳までと65歳以上、そして特別疾患者は薬代も無料です。)  日本の様に、診察終了後、窓口で支払いをする事なんてありません。もちろん病院の入院費・手術費・治療費はNHS管轄の病院であれば、全てタダなのです。 また、外国人も6ヶ月以上合法的にイギリスに滞在することが可能なビザを持っていれば、サービスに登録する事が出来ます。

 ロゴ

受診システムとて、まず住んでいる住所から徒歩圏内にあるGP(General Practitioner)〜家庭医/一般医/総合診療医をかかりつけ医として選び、直接診療所又は医師に登録します。 初めて登録する場合、10桁のNHSナンバーが付与されます。 赤ちゃんは、出生時に自動的に与えられます。  日本の様に自分の判断で内科、外科、皮膚科などを選んで受診する事が出来ません。 緊急時を除いて、まずはかかりつけのGPに行かないければなりません。つまり、GPの紹介がない限り原則として病院での専門医の受診が出来ません。 無料なだけに医師・看護師・受付の質があまり良くなく、予約が取りづらかったり、待ち時間が非常に長い事がネックです。

ところで、歯科医療はこのNHSサービスには含まれておらず、有料で大部分が自己負担です。

 

このNHSサービス管轄の病院以外に私立病院があります。私立病院では、医師や看護師も質もサービス遥かに良く、行き届いています。私立病院へ行きたい場合GPの紹介は必要なく、直接自分の判断で専門医を選び受診出来るのが利点です。 手術が必要な場合でも医療器機が最新鋭で名医が揃っていますので安心してかかる事が出来ます。 もちろん、NHSの様に待たされることが余り有りません。

しかしながら、診察費・治療費など全て自己負担となります。自由診察という名目で各医師が診察費を自由に設定できる為、どうしても高額となってしまいます。 治療内容によって異なってきますが、精密検査や手術・入院した場合に、数千〜数万ポンドの請求をされることもあります。   もしもの時に備えて国民の大半が、個人ないしは会社を通して、保険会社が提供する医療保険に加入しています。

 

 

ロンドン・日本人の街〜イーリング&ウェストアクトン〜

イーリング&ウェストアクトンは、ロンドン中心部地下鉄で25分前後、ヒースロー空港への交通の便も悪くない西ロンドンに位置します。 古くから日系幼稚園、日本人学校(全日制・土曜日のみ)、医療施設、日系の食材店、レストラン、更にはケーキ屋もあり、まるで日本の郊外の様です。  住宅は、チューダー式のロンドンらしい町並みが広がっています。 治安が良いので、庭のある広々とした一軒家が多く、お子様のいる駐在員家庭の方々に人気のエリアです。

日系食材店

  日系ケーキ屋「Wa Cafe」

寿司レストラン

さて、イーリングには1902年設立された伝統ある撮影スタジオ『イーリング・スタジオ』があります。 1950年代に「イーリング・コメディー」と呼ばれる数々の喜劇映画を生み出しました。  撮影された有名作品に、「ノッティングヒルの恋人」「理想の結婚」「ラッキー・ブレイク」。古いものだと、「The Ladykillers(マダムと泥棒)」などがあります。

イーリングは歴史的には、ミドルセックス郡の農村で、古代教会が多くありました。 1838年に鉄道駅が開業されたのを期にロンドン中心部との流通が盛んになり、地方経済発展の供給源と共に少しずつ都市へと発展していきました。 20世紀のロンドン成長の同時にイーリングは人口が大幅に拡大し、1901年には、地方自治体の都市になり、1965年以来グレーター・ロンドンの一部となりました。

 イーリング市役所

 

政府専用機 ロンドンヒースロー空港に来たる✈️

先週の金曜日、4月28日に安倍総理大臣が、メイ首相との日英首脳会談の為、イギリスにお越しになりました。 僅か1泊のご滞在でした。    今日はヒースロー空港でその間一晩を過ごした、政府専用機の写真特集です。

この政府専用機、2機(ボーイング747s)は2019年にリタイアーをし、ボーイング777-300シリーズにバトンタッチするそうです。